• 谷良介

マウスピースパッチこだわりありますか?

JAZZの時のアルトのマウスピースを Ted Klum コンテンポラリー6にしてから (その時の記事はこちら https://www.sax-family.com/blog/ted-klum-デビュー )



今まで気にしたことのないマウスピースパッチについても少し考えるようになりました。


マウスピースを買った時に、パッチがついてる状態でした。


そのパッチ、結構分厚くて0.8ミリくらいかな??それくらいありました。



いつもはノナカの0.2ミリを使っています。





マウスピースを選定してくれたユッコからは

パッチは普段の薄いやつに張り替えた方が吹きやすいかもー!


と助言をもらっていたので、早速張り替え。。。




ん?



ちょっと違う。。




んん???




もしかして、なんのこだわりもなくパッチ貼っていたけど、僕って分厚い派??笑





昔に比べると前歯をあてる圧力はかなり落ちています。

自分の顎のことや口のことに色々合わせて練習していく中で、今は圧力をあまりかけずに歯を当てています。


それも関係あるのか、パッチ、なんか昔吹いて嫌やなだと思ってたゴッリゴリの太いやつ、いけそう!!



そんなわけで早速





レッスン前に購入。

Ted klumはもちろん、セルマーのマウスピースやバリトンにも試してみよ。



世間的にはパッチが分厚いとレスポンスが悪くなる??と言われてるのかな??



でもそれってどういう原理で?っていうのが自分でもわかってません。



という事でしばしこのパッチとお付き合いしていきます。






© 2023 by Lovely Little Things. Proudly created with Wix.com