• 谷良介

手の角度。

最終更新: 2019年1月16日

たまにはサックスの話題。


生徒さんでよくあるのが手の角度。


サックスって構えてるイメージがなんとなーく、一般の方にも浸透しているので、そのイメージで構えると、案外間違った姿勢の方がチラホラ生徒さんにもいます。


基本は、自分に合っていればいい!と思っているタイプなので絶対コレ!って言うわけではありませんが。


間違った姿勢で構えていると、手を痛めてしまったり、さらにそれに慣れてしまうと正しいポジションでは痛みは減るけど指がならない。。だからやっぱり元のポジションへ。で、また手が痛い。と言う悪循環に突入する可能性があります。



今回は数ある姿勢の注意するポイントの中でも《右手の手首》に注目してみます!




ここ!


この角度だと手が痛くなります。


サックスのベルの向きって真正面じゃないといけないと思ってるかた、結構多いと思うんですが変えてもいいんですよ!


ベルを左斜め前に向くようにします。


すると口元が曲がる感じになるのでネックの角度やマウスピースの角度を調整してください!




するとすると!







どーん!これで手の痛みも解消!更に、サイドキィを押した時にグラグラなるのも解消っ!!



皆様もぜひチェックしてみてください⭐︎



撮影協力は本日の生徒さんです⭐︎



おまけ。






本物のフクロウちゃんです!

本日は生徒さんの自宅でレッスンだったのですが、なんと部屋にフクロウちゃんが。



何度か会ってると覚えてくれたのか首をクネクネしてくれて可愛かったです⭐︎



© 2023 by Lovely Little Things. Proudly created with Wix.com